セックスと親密さ

オナニーしすぎることはありませんか?

Dは尋ねます:

私は性欲が非常に高く、独身になった今、私は最近、ほぼ毎日、時には1日に複数回自慰行為をしていることに気づきました。自慰行為をこれほど一貫して行ったのは人生で初めてなので、やりすぎではないかと心配し始めました。私は親密さを切望していて、パートナーと一緒にいたいのですが、私は独身で、自分のニーズに対応する必要があると感じています。また、私は自分がそうする必要があると感じている点ではないことを指摘する必要があります。それはとても楽しいので、私はそれをやっていることに気づき、それは本当に頻繁に取り上げられています。とはいえ、マスターベーションはどれくらいですか?



D—

あなたは関係の過程を通して、あなたは多くの異なる関係を経験すると聞いたことがあるかもしれません。同じことがあなたの性生活にも当てはまります。あなたが性的に活発になった時からあなたが立ち止まる時まで、自己快楽とパートナーのセックスの両方で衰退と流れがあります。


期間前のスポッティングは初日としてカウントされますか

現在、フロー状態になっています。これで問題ありません。 自慰行為 毎日または1日に複数回は、特にそれが自分のものであると感じない場合は、通常、心配する必要はありません。 必要 やること。



あなたは楽しんでいて、あなたのニーズに対応しています。私の意見では、私たち全員がこの観点から自己喜びにアプローチすれば、世界はより良い場所になるでしょう!

マスターベーションの利点

マスターベーションは、自分の体が好きなものと嫌いなものを学ぶのに役立ち、独身になる、親になる、慢性疾患に対処するなどの大きな人生の変化の後に自分自身に再会するのに役立ちます。それはあなたが探索することができます 新しいファンタジー 新しい性行為を試してみてください。また、ストレスを和らげ、痛みを軽減し、睡眠を改善します。


帝王切開後4週間で妊娠

オナニーはいくらですか?

自慰行為が多すぎるかどうかについてはさまざまな見方があります。スペクトルの一端には、次のような基本的な宗教的信念があります。 どれか オナニーが多すぎます。一方で、オナニーが多すぎるということはないという信念です。



私の研究と10年 セックスについて教えた経験 真ん中のどこかに着陸させてください。

何かを邪魔したり隠したりするとオナニーが問題になります

あなたがあまりにも自慰行為を心配しているならば、ここにあなた自身に尋ねるべきいくつかの質問があります:

  • あなたは自慰行為をするために毎日の責任を怠っていますか?
  • 身体的または精神的な健康問題に直面することを避けていますか?
  • 自慰行為をしますか 身体的または精神的な健康問題を悪化させる
  • それなしでは一日を過ごすことができないように、あなたは自慰行為を強いられていると感じますか?
  • 寝たり、リラックスしたりするために自慰行為をする必要があるように感じますか?
  • 疲れ果てている、恥ずかしい、怒っている、散らばっている、または同様のことを感じますか?

1つ以上に「はい」と答えましたか?私はお勧め セックスセラピストにチェックイン



アメリカのセクシュアリティ教育者、カウンセラー、セラピスト協会は 性依存症の存在を裏付ける十分な証拠を見つける 、彼らは、性的衝動、思考、または行動から生じる可能性のある実際の身体的、心理的、精神的、および性的健康への影響があることを認めています。

自慰行為をしすぎても、必ずしもセックスのためにあなたを台無しにするわけではありません

自慰行為が多すぎることに関するもう1つの一般的な懸念は、それが有害であるか、性生活に影響を与えることです。これは必ずしもそうである必要はありません!

たくさん自慰行為神経終末を傷つけたり、オルガスムや快楽を体験する能力を低下させたりすることはありません。起こり得ることは、あなたの神経が特定の方法で刺激されることに慣れ、あなたの体が学ぶということです。これが私がクライマックスを迎える方法です。これは他の方法でオルガスムを経験することをより難しくすることができます。ソリューション? あなたが自慰行為をする方法を切り替えてください。 私たちの体はショートカットが好きで、それは私たちがオルガスムをどのように経験するかを含みます。手とおもちゃを交互に使用する。異なる量の潤滑油を使用します。さまざまな位置、速度、または圧力を試してください。あなたがしばらくの間一方通行で自慰行為をしているなら、あなたの自己快楽を切り替えることは意味するかもしれません最初はオルガスムを体験するのに時間がかかります。マスターベーションの轍に引っ掛からないことを保証するために、それに固執する価値があります。

womxnが自慰行為をしないという文化的メッセージはBSです

自慰行為を楽しんでいる性別や性別を問わず、自慰行為を避けている人もいます。人から人へ、そしてあなたの性生活を通して、たくさんのバリエーションがあります。

あなたが今自分に与えている計り知れない喜びを楽しんで、喜びとオルガスムを体験する新しい方法を探求することに傾倒してください。


生理の4日後のピンク色の分泌物